世田谷区赤堤の整形外科・内科 03-5376-6200

鍼と漢方

医療法人社団 芳史会
【松原整形外科・内科】

東京消防庁救急相談センター協力医療機関
東京都世田谷区赤堤4-22-7 1F
TEL 03-5376-6200
診療受付時間
9:00〜11:00
16:00〜18:30
※時間が変更になる場合があるため、詳しくはこちらからご確認ください。
リハビリテーション受付時間
9:00〜11:30
15:00〜18:30
※土曜のみ13:00まで受付
休診日
水曜・土曜午後・日曜・祝日

モバイルサイト
携帯からも当院の情報をご覧いただけます。
鍼灸マッサージ治療 詳しくはこちら
漢方 詳しくはこちら
定期健診について 詳しくはこちら
当院では、身体に負担がかかりにくい治療を目指して、鍼灸マッサージ治療や漢方治療を取り入れるなど、東洋医学と西洋医学のいいところを組み合わせた診療・治療を行っております。西洋医学 最新治療・技術 東洋医学 身体に優しい治療

鍼灸マッサージ

鍼灸治療は、肩こりや腰痛の治療だけに効果があると思われがちですが、様々な疾患に対し高い治療効果があることをWHO(世界保健機構)も認めています。

鍼治療の効果

・血液の循環が良くなる
・白血球・赤血球・リンパ液などが多くなり免疫力が高まる
・脳の神経細胞から痛みを和らげるホルモンが分泌する
・内臓の働きが活発になる

急性で器質性の病気やケガには西洋医学で治療し、慢性の病気や機能性の病気などは、東洋医学で治療します。

慢性の病気というのは、いつまでも辛い症状が長く続き、薬をやめると症状が再発する、または重くなるなど、結局、症状を抑えるだけで根本的には治っていない病気のことです。こうした慢性の病気には、鍼灸治療・漢方薬治療が非常によく効くものも多いのです。

漢方

漢方とは・・・? 漢方医学は5〜6世紀頃に中国から伝来した医学が、日本で独自の進化を遂げたものです。「漢方」という言葉自体が日本語の造語です。西洋医学は「蘭学」と呼ばれます。では、漢方医学と西洋医学の違いはどこでしょう!?
1
考え方が根本的に異なります。西洋医学は対症療法で、漢方医学は自然治癒力を高めることが基本の考えです。
2
西洋医学は1度下された診断と治療法は、病気が治癒しない限りかわりません。それに対して漢方は経過によって診断も処方もかわっていきます。「からだ全体の状態」をみることが最大の特徴です。
3
西洋薬は化学合成された薬で単一成分のものが多く即効性があり強力です。一方、漢方薬は天然素材を組み合わせた薬で複数の成分を含んでおり、マイルドな薬が中心です。

漢方の治療は注射も手術もせず、漢方処方薬といわれており、148種もの漢方薬に保険が適用されています。
しかし、漢方薬を使えば漢方医学という訳ではありません。

松原整形外科・内科